読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

且緩々。(しゃかんかん)ー慌てず、あせらず、ゆっくりとー

anco&coco&nicoとおせわがかりの日常。ライフワークとしている犬のお勉強のお話なども。

リードワーク座学に参加してきました。

おはようございます!

 

 

GWも残すところ今日をいれてあと二日。

旅行の予定を入れないGWはどれくらいぶりだろう??

 

こういう時にこそ部屋を片付けたりすればいいんだわ♪

。。。と始まる前は思っていたのですがね〜💦

昨日ご紹介した本を読み終えただけでした😢

 

そんなGW。5月4日は<リードワーク座学>を受けに

小田原まで行ってきました。

 

f:id:ancoco5535:20170122164013j:plain

 

ワンコは抜きで飼い主だけのお勉強でーす!

 

リードや首輪(ハーネス)ってそもそも人間が人間のために作ったものですよね。

人間側の使い方ひとつで、ただ拘束しておくだけのものにもなれば

痛みや驚きを与えるものにもなる。

人間側は忘れてしまうけど、犬側はその1回の使い方で

次からの行動に影響を与えるような事だってある。

 

f:id:ancoco5535:20170122162810j:plain

 

<お散歩は犬が楽しむためのもの>と考えるスクールなので

犬具が犬の自然な動きを妨げないように、

まるでノーリードで飼い主さんと付かず離れずな感じで

歩いているかのようなリード使いを研究しています。

 

お散歩中、右に曲がりたいと思った時

声かけもせずにリードをぐーーっと引っ張ったりすることってありませんか?

一言声をかけてあげて、ワンコさんの動きに合わせて一緒に曲がれば

リードは張ることもなく不快な刺激を与えずに済みますよね。

 

ワンコの首は丈夫にできているという人もいるようですが

予想しない力が突然加わったりすれば、当然体全体が歪みます。

そして首には大切な神経がたくさん集まっていますよね。

健康のためにも犬具は優しく丁寧に扱ってあげたいです。

 

そしてリードが張りっぱなしの状態は

当然興奮も増してしまいますので吠えやすくもなります。

ただ、まだ若いうちは見るものすべてが新鮮だから

多少ワチャワチャしてしまうのは仕方ないことですけどね。

 

f:id:ancoco5535:20170122162829j:plain

 

具体的な技術面のことを私が書くわけにはいかないのですが

制約が多い人間社会で、

犬が犬らしく目一杯お散歩を楽しんでほしい。

そんな思いに賛同してくださる方なら

きっと得るものは大きいんじゃないかと思います。

 

今後は単発で各地で座学を行うそうなので

興味がある方は是非お問い合わせください。

charliemama.wixsite.com

 

座学終了後は

お友達のイケワンくんに会いに行ってきました。

その様子はまた明日〜!

 

 

 

ランキングに参加しています。ニコをポチッとね☆

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村