且緩々。(しゃかんかん)ー慌てず、あせらず、ゆっくりとー

anco&coco&nicoとおせわがかりの日常。ライフワークとしている犬のお勉強のお話なども。

ブラッシング。

おはようございます!

 

 

週末だー!!

明日はココと電車通学でリードワークワークショップに参加してきます?

今日は昼頃から雨か雪の予報が出てますよね。

そんなにひどくはなさそうですけど、影響が残らない事を祈ります!

 

 

こんな面白いものをもらったよ〜♪

ありがとうね〜??

f:id:ancoco5535:20170119211941j:plain

スマイルビスコ

オリジナルで作れるらしいですよ〜?

とくにニコが昭和のアイドルみたいでしょ????

 もったいなくて食べれないね!

 

 

 

アンコとココはブラッシングが大好きです。

かけてる途中で寝そうになっちゃうこともあります。

f:id:ancoco5535:20170120000651j:plain

 

でも何年か前はブラッシングの気配がすると、さ〜っとクレートに入ってしまいました。

わきの下あたりは毛玉になりやすい毛質だし、困ったなあ。。と思っていたんですね。

 

この時点でアンココは撫でられるのが大好きでした。

それなのにブラッシングが嫌いということは。。。「私のやり方か!?」?

ブラシの動かし方が早いこと、ブラシをギュッと持ってたことが原因だったと思います。

 

撫でるのはOKなのであれば、ブラッシングしようという意識をいったん排除して、コミュニケーションとしてブラシで撫でる。。という感じにしてみました。

まずは手で撫でながら、3回に1回スリッカーの背中で撫でる。。というところからスタート!

 あっという間に写真のように身を任せてくれるようになりました?

もちろん撫でながら「良い子ね〜♪」「気持ちいいね〜♪」の声かけは忘れませんよ!

 

 

ブラシそのものが怖くなってしまってる子はもっとその手前からのスモールステップが必要となります。

ここでは詳しく書きませんが<ハズバンダリートレーニング>といって、動物園で動物を診察したり爪を切ったり。。ということを麻酔しないで行うためのトレーニングです。

 

f:id:ancoco5535:20170120005402j:plain

 いまスリッカーの替わりに使っているアクティベットブラシ。

アンココニコをお願いしているトリマーさんのオススメです♪

しなりがかなりあるので、うまく力が逃げてくれて負担が少ないようです。

これをユルユルに持ってブラッシングしています。

 

 

ブログを書くようになってから、昔の記憶をたどることが多くなったのですが本当に反省ばかりだなあ。。と。アンココは我慢するタイプの子なので、それに甘えながら何とかやってこれたけど、ニコみたいな子だったら。。と考えると恐ろしいものがあります。

 

「そのやり方イヤだよ!」「やめてね!」っていう意思表示で、手で払いのけると同じように犬は口を使ったりします。

そこで自分のやり方を見直さずに、その態度を罰するという考え方がまだまだ多い犬の世界。なめられてるとか上になろうとしているとかね。

それは古い考えだよ〜!っていう情報が、科学的な裏付けとともにたくさん出てきているのに残念です。

わざわざワンコとの関係が拗れるような情報に振り回されないように気を付けたいですね。

 

 

 

 ランキングに参加しています。アンコをぽちっとね☆

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村